FIGURE /////


★0093 ゴモラ2.0Ver.の切断された尻尾(オプション)

続きを読む 0 コメント

★0092 ゴモラ2.0Ver.(薄赤茶色仕様)の角

 CCPのブログにも書き込みましが、2種の色違いバージョンのうち、この薄赤茶色仕様にのみ角が明るい塗装を施しているのが気になります。いざ実物が届くと、個体差があるのか、心配していたよりは良かったですが、やはり違和感は否めません。

 特に我が家にやってきた個体は、左右で角の仕上げ具合が異なっていました。遠目でみると右が明るくて、より違和感が強いと感じます。どうやら、左側の色調を後から暗くするためにエアブラシを最後にかけたようです。そのために、角の赤いジグザグ線も片方だけ濁った色になってしまいました。あまりよろしくありません。

 修正については、予め延藤社長と約束してありましたので返送することにしました。要望は、向かって左側の角の色調に合わせること、さらに赤いジグザグ線は最後(一番上に)塗装するようお願いしました。それが今回の塗装順序のはずだからです。

 ゴモラの角の彩色は難しいですが、もう一塗りあれば大分違っただろうと思います。その辺は、自分で挑戦してみてもいいかもしれないと思っています。

続きを読む 0 コメント

★0089 ショッカー戦闘員の集団入浴実施

続きを読む 0 コメント

★0088 ショッカー戦闘員のベタツキ対処法

続きを読む 1 コメント

★0087 HGの価値は何処へ?

続きを読む 0 コメント

★0084 HGウルトラシレイ

続きを読む 0 コメント

★0081 今もなお、究極のウルトラマン

続きを読む

★0079 中嶋製作所タイガーマスクの版違い

初期型きいろ1期の参考写真
初期型きいろ1期の参考写真

メディコム・トイが用いた型式名を使うと、
  ①初期型きいろ1期 両手がパンチ マスクは黄色で耳が無塗装(白)
  ②初期型きいろ2期 右手がチョップで左手がパンチ マスクは黄色<復刻>
※③中期型ライトオレンジ 右手がチョップで左手がパンチ マスクは薄いオレンジ
  ④後期型オレンジ  右手がパンチで左手がチョップ マスクは濃いオレンジ<復刻>
 ※③は自分の推測なのであくまでも暫定型式。たまたま、自己所有の個体がこの属性をもつ。オレンジのマスクでもバリエーションがあったと記述するサイトがある。メディコム・トイは、現在調査中とのこと。 また、メディコム・トイは、①初期型きいろ1期の発売も検討している。この版は、過去に未開封の当時モノがヤフーオークションに出品されたことがあり、その時の落札価格は、1,051,000円(2011年1月31日23時20分終了)であった。

 

◎ 当時の繁忙ぶりを示す貴重な話し
 昭和47年頃、タイガーマスクのソフトビニールを焼く(成型することを業界では焼くと言った)工場は数件あって、それぞれが異なるレスラーの金型をもっていた。工場では、8~17時、17~0時という2シフトで焼き続けたが、それでも注文に間に合わなかったらしい。その後に、彩色作業や組立作業も残っている。

 出来上がると、袋に入れてカートンに詰めてから小僧が蔵前まで朝5時に着くよう車で運んだ(中嶋製作所は亀戸に位置、だから亀マーク)。ソフビは、かさ張るので小さなトラックではあまり数が運べなかったらしい。朝5時には蔵前の問屋筋も小僧が荷受を待っていて、その日のうちにデパートへ納品する毎日だったという。メーカーの倉庫には入れず工場から直に問屋へ持っていかないと間に合わなく、蔵前では朝来た荷物をその日のうちにデパートへ納品する毎日だったそうだ。とにかく、物凄く売れたらしい。(引用・参考サイト CUTIES OFFICAL BLOG http://ameblo.jp/cuties-toys/entry-11329878404.html)

続きを読む

★0078 中嶋製作所のタイガーマスクソフビ

続きを読む

★0073 HGペダン星人

続きを読む

★0061 DG-EX仮面ライダーのPR効果は?

 諸事情から立ち消えとなっていたHGCOREの復活編として誕生したのが、このDG(デジタルグレード)シリーズ。従来の優れた造形力に、新開発のプリント技術を用いた新シリーズだが、主に威力が発揮されたのは仮面ライダーシリーズだと思う。ライダーの複眼や変身ベルトなど、「ここまでやるか」と言わせるレベルまで色再現が行われた。

続きを読む

★0057 CCP1/6特撮シリーズ 初代レッドキング ハイグレードVer.2

続きを読む

★0055 CCP×バンダイ

続きを読む

★0054 パイロットーイ リアルスタンダード キングジョー

続きを読む

★0053 創絶ウルトラマン「ベリアルの逆襲」編のアントラー

続きを読む

★0052 DGウルトラマン4 インプレッション

続きを読む

★0051 怪獣無法地帯×CCPセレクション Vol.007 ケムラー

続きを読む

★0050 CCP1/6特撮シリーズ エレキング 水上戦Ver.

続きを読む

★0049 CCP1/6特撮シリーズ ドドンゴ 金色Ver.

続きを読む

★0048 怪獣無法地帯×CCPセレクション Vol.008 グビラ

続きを読む

★0047 CCP1/6特撮シリーズ ダストマン

続きを読む

★0046 DGウルトラマン3 インプレッション

続きを読む

★0045 CCP1/6特撮シリーズ ヒッポリト星人 エース人形付きVer.

続きを読む

★0044 CCP1/6特撮シリーズ エレキング 上陸戦Ver.

続きを読む

★0042 DGウルトラマン2 インプレッション

続きを読む

★0037 DGを徹底解析する

続きを読む

★0033 同じDNAをもつ究極のガラモン

続きを読む

★0032 海のエジプト展公式フィギュアコンプリート

続きを読む

★0031 クリアの輝きを取り戻せ

続きを読む

★0030 京本コレクションNEO ウルトラマンAタイプ

続きを読む

★0027 ジャンボサイズのCSS・CCP製スペクトルマン

続きを読む

★0024 「海のエジプト展」公式カプセルフィギュアコレクション

続きを読む

★0021 光の巨人コレクション

続きを読む

★0020 再注目リアルマスクマグネットコレクション

続きを読む

★0014 DG追加画像

続きを読む

★0008 「創絶」は「究極」を越えるか

続きを読む

★0007 「究極」VS「創絶」 カネゴン

続きを読む

★0006 HDMにリリースされたカネゴンの口中

続きを読む