カウンター


NEW-CONTENTS /////

BLOG-0091 フィギュア撮影の様子

 フィギュア撮影の様子を紹介する。と言っても、専用のスタジオがあるわけではなく、部屋を工夫して自前のセットを作っている。近頃は、HGよりCCP1/6サイズを中心とする大型フィギュアを撮影する機会が多く、それなりの空間確保が必要になる。
 撮影した後に、Adobe LightroomとPhotoshopで画像編集することになるが、なるべく手間をかけずに仕上げたい。そのためには、最初から背景を単一に抜くことが肝心である。過去に用いていたブラックの背景は、フィギュアの見栄えがよくなると同時に、影が出ないので撮影しやすかった。しかし、なるべくフィギュアの彩色を正確に、ニュートラルに表すためには、やはりホワイトの背景がベストだと思うようになり、今日に至っている。

 さて、背景セットを用意するのは容易ではない、しかも30㎝サイズを扱うとなると尚更である。そこで、天井に遮光ロールスクリーンをセットしている。色調はホワイトではなくベージュ。これを引き下げて、背景のセットを作るのは手間がかからずに済む。
 照明は真上に位置する天井の蛍光灯、それから正面の窓から入り込む自然光。北向きの窓なので、あまり強い光は入らないが、それでもブランド操作で控えめに調整する。自然光の取り込みは重要と考え、撮影は夜ではなく、天気の良い昼間に行うようにしている。それでも、部分的に光源が足りないので、移動のできる蛍光灯(螺旋状の電球)でフォローする。当然、影は出来る。しかし消さない。自然な影は、モノの存在感と立体感を醸し出す重要な脇役だからだ。
 使用しているカメラは、SONY製のフルサイズとAPS-Cセンサーのミラーレス。最近は、APS-Cで撮影することが多い。センサーサイズは、フルサイズだと持て余すのでAPS-Cで十分である。レンズはというと、Canon FD 50mm F3.5 MACROという、30数年前のマニュアルフォーカスのレンズを愛用する。ミラレースカメラは、マウントアダプターを介して、昔のレンズ資産がメーカーの枠を超えて使用できることが魅力。多くのマニュアルレンズを集めたが、このマクロレンズは気に入っている。ズームではなく単焦点レンズなので、写りは申し分ない。光学レンズの基本性能はそれほど進化していなく、カメラ側の性能が大きく向上したことで時を越えて無敵の性能を発揮する組み合わせが実現する。三脚を使用するため、ISOはなるべく100でノイズを抑え、シャッタースピードはカメラ任せ。F11~16まで絞り込む。そうしないと被写界深度が稼げない。場面によっては、絞りを浅くして意図的に暈すことはある。

 その後、上述の画像編集ソフトで調整する。ホワイトバランスやシャード―の持ち上げなどを行うが、過度の編集は避けている。ソフトの性能が良くなってきているので、如何様にもカッコよく色やコントラストを作り込むことは出来るが、実際の色調からかけ離れたものになってしまってはいけない。大きなトリミングも行わない。マクロレンズを使用しているので、拡大したければレンズを近づければ済む。
 元々写真好きなので、フィギュアを撮影する機会は少ないにしても楽しく行っている。また、サイトを訪れてくれるクライアントのために、努力義務としても頑張っている。


BLOG-0090 CCPレッドキングの彩色バリエーション

 怪獣の着ぐるみは一つしかない。その色は、納品時に塗装されていた状態が真実である。撮影時に彩色が調整されたり、撮影中に変色した事例を我々は知っているが、それは稀なことであり、やはり真実はただ一つである。
 しかし、メーカーが実写映像から塗装を徹底的に研究して商品化したとしても、必然と賛否両論になる。カスタマーの一人ひとりの記憶する怪獣色が、一通りではないからだ。最初に見たテレビの画質、その後に児童雑誌で見た写真や絵、親に買ってもらった玩具等の色が真実として個人の脳裏に焼き付いている。これは、やっかいな事である。
 CCP1/6シリーズのレッドキング。その初版は2009年に登場した。究極とされたハイグレードVer.とノーマルVer.が併せて発売された。事前に示されたサンプルの塗装は、かなり期待できるレベルだったが、量産品では今一つだったのは確か。しかし、それ以上に、カスタマーからは個々の記憶に頼った様々な意見が出され、CCPは以後も幾つかの彩色変更をして販売した。「究極」と言っておきながら、次々とアップデートされたカラーリングには、CCP社の迷いが常に纏っていた。
 ここに紹介するレッドキングは、①初版ハイグレードVer.、②本サイトでVer.1.2と紹介している初版の青色部分を控えたカラーリング、③怪獣無法地帯セットでバンドルされた右腕に流血した個体、④黄色の強い初版ノーマルグレードVer.、⑤最も新しく発売されたCCP社オリジナルカラーと言えるレッドキング。以上の5個体である。

 ① の初版ハイグレードバージョンは、青色の範囲を広く塗装する。黄色部分はパール色である。この部分の色調は、当時のスチル写真を見るとメタリック色(ゴールド調)のように見える。しかし、メタリックはレッドキング2代目用という理解なのか、初代はパールで塗装される。カスターマからは、黄色の色調はともかく青色の面積が多過ぎるという指摘があったが、CCP社の延藤社長は「自分はこうだと思った。」と自信をもって言う。劇中に登場するレッドキングをよく見ると、確かに青色範囲が広く見える場面もある。但し、従来の一般的なレッドキングの彩色とは解釈を異にしていた。

 ② ③は、この指摘を受けて青色部分を少なくした彩色仕様である。個体差は若干認められるが、③のチャンドラーに噛まれて流血したレッドキングと②は同じ仕様で、発売時期も重なる。②のレッドキングは、さりげなくブログでアナウンスされ、CCP社に問い合わせると「貴方が持っているハイグレードVer.を会社へ送ってくれたら黄色部分を多く塗装し直す」と言われた。両方欲しかったので、再塗装ではなく別個体を購入する旨を伝え、その通り配送してもらった。この仕様は、劇中のレッドキングを忠実に再現しており、CCP社製のなかではベストに仕上がっていると思われる。
 ④ は、黄色が強い個体で、初版のノーマルグレードVer.である。個人的な趣向かもしれないが、この塗装解釈は、それなりに良く感じている。平成版ウルトラシリーズでリバイバルしたレッドキングなどは、このような彩色が用いられる。単体で見ていると違和感もなく、これはこれで良いと思えてしまうということは、自分のレッドキングに対するイメージも確実ではないことになる。というか、当時のスチル写真にも、これに近いものがある。むしろ、劇中のレッドキングが、フィルムの特性なのか全体に青被りして見えているのではないかと感じることがある。
 ⑤ は、本サイトでも既に紹介しているが、最も新しく発売されたレッドキングである。単体で見ていると、やはり納得して満足する彩色だが、冷静に見ると、非常に手の込んだ塗装が施されているものの、実際のレッドキングには似つかず、イマジネイションのレッドキングと言える。

 以上、5種のレッドキングを比較してみたが、選挙でもしたら票が分かれるのかもしれない。一つだけ言えることは、実際の着ぐるみの塗装は、もっとシンプルで雑なものだということ。青色部分は、スプレー缶で吹いて縦線のようになっているのが現実。延藤社長は、この塗り方を嫌ったが、実際は単調である。我々が、一体何を求めているのか。真実は一つのはずなのに、答えが一つになってくれない。

 

2019.08.09 画像の露出がオーバー気味であったため明暗補正。

2019.08.09 ④の個体が、初版ノーマルグレードVer.であることが判明し訂正。

 

Toy data

1/6特撮シリーズ CCP
①②Vol.017 初代レッドキング ハイグレードVer.

2009.06 ¥11,760

 

③怪獣無法地帯セットバンドル

チャンドラーに腕を噛まれ流血したレッドキング

 

④Vol.017 初代レッドキングノーマルグレードVer.

2009.06 ¥9,870

 

⑤CCP1/6特撮シリーズ Vol.081 初代レッドキング
2018.12 ¥ 22,680 


BLOG-0089 CCP1/6特撮 エレキング対ミクラス

 2007年、CCPはウルトラセブン生誕40周年を冠として、カプセル怪獣3種を発売した。30㎝サイズの彩色済完成品では、業界初めてのリリースと謳った。この時、予約開始から3日で完売したという。
 その5年後、今度は45周年を記念し、カプセル怪獣がハイグレードver.として再版された。これによって、前回のラインナップはノーマルver.と位置付けられる。生産の途中で金型が損傷したらしく、今回のリリースが最後になると説明された。これらは単体でも発売されたが、カプセル怪獣Aセット、Bセットにも組まれている。
 また、同時にエレキングがアップデートされ、蓄光版として再販された。先行の水上戦ver.と陸上戦ver.では、クライアントの満足が得られなかったことを受け、微妙な体色表現を蓄光素材に要求し、ウェザリングを施した。完全国内生産により塗装のスキルアップを図った自信作として、至高のハイグレード仕様(2.0Ver)と呼ばれた。ただし、後に発売される非蓄光素材のエレキングver.2とは異なり、位置付けを難解にしている。
 部屋の電気を消灯すると、想像のとおり蓄光素材が光る。エレキングだから電気を溜めて光るという仕掛けは矛盾しないかもしれないが、カスタマーにとっては特に重要な仕様ではない。メーカーとしても、蓄光本来の機能より、白色でもない、ベージュ色でもない、エレキングの微妙な体色表現を蓄光素材とウェザリングで再現しようと試みたのではないか。

 このエレキングは、Aセットに組まれたほか、ミクラス対決セット、単体でも発売された。このうち、単体販売以外の個体は、尻尾を新造形しており、ミクラスの胴体に絡みつく形状になったことがセールスポイントである。メーカーは、電気ショックを受けたミクラスとの劇中シーンを再現することが可能と説明している。具体的には、エレキングの体色が蓄光で光ることに加え、ミクラスに内蔵されるLED電飾が、目と前の角が常灯、後ろの大きな角が点滅する仕掛けが用意されている。

 エレキング蓄光ver.の尻尾が、ミクラスにどのように巻き付くのかについては、画像情報が少ない。メーカーで用意された画像では、しっかりと巻き付いたように見えず、実際の状態が気になるところである。そこで、様々な角度から撮影してみた。対戦用のミクラスは胴部が接着されてなく、分割してエレキングの尻尾を通すことになる。流石に、通常体形のミクラスへ吸い付くように尻尾を巻き付けることは難しく、大雑把な組み方となる。しかし、ミクラスの左手に尻尾を掛けることにより、そこそこの雰囲気は出せる。

 エレキングの口を発光させるLEDユニットは、首を分割して遮光用の黒色インナーパーツとともに装着する。蓄光素材の大部分は、黒斑の塗装箇所とウェザリング範囲を除いては成形色のままである。

 

Tou Data

 CCP1/6特撮シリーズ ウルトラマンシリーズ45周年記念

 Vol.031 ミクラスvs蓄光エレキング対決セット ハイグレードVer.
 セット価格:26,250円(税込)
 別売りエレキング用発光ギミック:1,575円

 2011年末発売